第5回エコプロダクツ大賞結果
問い合わせ先

エコプロダクツ大賞推進協議会事務局

住所:東京都台東区蔵前3-17-3
蔵前インテリジェントビル8階
一般財団法人地球・人間環境フォーラム内

TEL 03-5825-9735
FAX 03-5825-9737
E-Mail: ecoproducts(a)gef.or.jp

*(a)を@に変えてください

第12回エコプロダクツ大賞の結果について

2015年11月10日

エコプロダクツ大賞推進協議会
 (一般財団法人 地球・人間環境フォーラム)
 (一般社団法人 産業環境管理協会)
 (公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団)
 (一般社団法人 日本有機資源協会)

エコプロダクツ大賞推進協議会(会長:森島昭夫/名古屋大学名誉教授)は11月10日、「第12回エコプロダクツ大賞」(主催:エコプロダクツ大賞推進協議会、後援:財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)の審査結果を発表しました。

「エコプロダクツ大賞」は、環境負荷の低減に配慮したすぐれた製品・サービス(エコプロダクツ)を表彰することを通じて、それらに関する情報を需要者サイドに広く伝えるとともに、エコプロダクツの供給者である企業等の取り組みを支援することで、わが国におけるエコプロダクツのさらなる普及を図ることを目的に、2004年創設され、第2回からは中小企業のエコプロダクツへの取り組みを奨励するために、審査委員長特別賞(奨励賞)が設けられています。

エコプロダクツ大賞では、製品/サービスを統合して「エコプロダクツ」と称しています。今回の大賞においては74件の応募があり、エコプロダクツ大賞推進協議会内に設置された審査委員会(審査委員長:石谷 久/東京大学名誉教授)における審査の結果、以下の16件を表彰することが決まりました。

審査結果においては、最もすぐれたエコプロダクツとして、農林水産大臣賞、経済産業大臣賞、国土交通大臣賞、環境大臣賞の4件の大賞がそれぞれ決まりました。 また、大賞に次いですぐれたエコプロダクツとして、9件がエコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)に決まりました。 さらに中小企業からの応募案件を対象とする審査委員長特別賞(奨励賞)として、3件が表彰されることとなりました (第12回エコプロダクツ大賞審査結果を参照)。

 なお、表彰式は12月10日(木)9時50分より、同日から東京都江東区の東京ビッグサイトにおいて開催されるエコプロダクツ2015展示会の会場内で実施されます。

*エコプロダクツ2015とは
1999年から開催されている日本最大級の環境展示会で、今年は12月10日(木)から12日(土)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されます(主催:一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社)。(http://eco-pro.com/eco2015/

参考:第12回エコプロダクツ大賞の募集について
    エコプロダクツ大賞ロゴマーク使用規定(ロゴマークは受賞者のみ使用可能)

■第12回エコプロダクツ大賞表彰式ガイドブック(PDF版 約3.2MB)


第12回エコプロダクツ大賞審査結果
Results : The 12th Eco-Products Awards

農林水産大臣賞 Minister's Prize, the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
閉鎖性海域の環境改善に寄与する水・底質浄化資材:マリンストーン JFEスチール株式会社
国立大学法人広島大学
経済産業大臣賞 Minister's Prize, the Ministry of Economy, Trade and Industry

セダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI」

トヨタ自動車株式会社
国土交通大臣賞 Minister's Prize, the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

パフォーマンスマネージメントシステム「SIMS」

日本郵船株式会社
株式会社MTI
環境大臣賞 Minister's Prize, the Ministry of Environment

太陽光発電システムと蓄電池のリース&レンタルサービス

タマホーム株式会社
ONEエネルギー株式会社
(以上大臣賞4件)
※財務大臣賞、厚生労働大臣賞は該当なし
 
エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞) 
 
Chairperson's Award, Eco-Products Awards Steering Committee

折り鶴を再生して作られた繊維

オーミケンシ株式会社
株式会社日誠産業

フルSiC適用VVVFインバータ装置搭載
1000形リニューアル車の投入

小田急電鉄株式会社
三菱電機株式会社

ICTを利用した営農支援システム
「クボタスマートアグリシステム(KSAS)」

株式会社クボタ

虹松プロジェクト

国土防災技術株式会社
株式会社フルボ酸総合研究所

いきものコンシェルジュ

大成建設株式会社

グリーンパネル

株式会社ダイクレ

非常用マグネシウム空気電池「MgBOX(マグボックス)」

古河電池株式会社
凸版印刷株式会社

リコーリライタブルレーザシステム

株式会社リコー

日射遮蔽スライディング「オープンルーバー」

YKK AP株式会社

(以上、エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞 9件)
 
審査委員長特別賞(奨励賞) Special Jury Award

アーバン・シードバンク

株式会社環境ビジネスエージェンシー

直結増圧給水ユニット「MC5型」

テラル株式会社

プロセブン バイオマスマット®

プロセブン株式会社

(以上、審査委員長特別賞 3件)
※財務大臣賞・経済産業大臣賞・厚生労働大臣賞については該当がありませんでした。

第12回エコプロダクツ大賞審査委員

石谷  久

東京大学名誉教授 (委員長)

池田三知子

一般社団法人日本経済団体連合会環境本部長

大友 哲也

農林水産省大臣官房環境政策課長

大西 友弘

厚生労働省医政局経済課長

奥山 祐矢

環境省総合環境政策局環境経済課長

櫛田 泰宏

国土交通省総合政策局環境政策課長

小浦 克之

経済産業省産業技術環境局環境政策課環境調和産業・技術室長

須賀 唯知

東京大学工学系研究科教授(精密機械工学専攻)

辰巳 菊子

公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会常任顧問

藤村コノヱ

NPO法人環境文明21共同代表

八原 正夫

国税庁課税部酒税課長

山本 良一

東京大学名誉教授

  (委員長を除く氏名の五十音順・敬称略)