特集/持続可能な地域づくりを受け継ぐ「南信州いいむす21」に取り組んで~お客様の喜びや満足を求めて

2017年04月07日グローバルネット2016年11月号

株式会社三六組 代表取締役社長 長坂 亘治(ながさか のぶはる)

株式会社三六組は、大正11年創業の長野県飯田市に本社を置く総合建設会社です。2006年に「南信州いいむす21南信州宣言」の第一号の認証を取得したことを大切に考えています。

認証取得から10年が経過しましたが「南信州いいむす21」は経営者や責任者だけのものではないと思っています。とくに弊社のように小規模な事業所でも事業活動の中に「南信州いいむす21」の仕組みが浸透することで日常化し、社員一人ひとりが進んで奉仕活動に参加するようになってきました。

企業経営者は企業としてのメリットを優先するからでしょうか、この地域で「南信州いいむす21」に取り組む事業所や「南信州宣言」の事業所が増えないのを残念に思います。

取り組みで大事にしていること

事業所が実施しているさまざまな環境の取り組みをパンフレットなどで事業所内外に情報発信できるのも「南信州いいむす21」に取り組む一つのメリットではないかと考えています。

「南信州いいむす21」の活動によってどのくらい環境負荷が低減できたのかという「評価」をすることも大切にしています。活動を長続きさせるためには自主的に楽しく取り組むことが大切です。「前年対比の効果」など取り組みの成果を「見える化」することで活動の張り合いとなり、次の活動への原動力が生まれます。また、「面倒だから……」や「……しにくい」ではなく「……しやすい」「……していこう」など、少し角度を変えたアドバイスも大切にしています。

飯田市を含め南信州広域連合の地域は、「山紫水明」「人柔和で温かく」「豊かな土壌に豊かな作物」などの言葉で表現できるような、日本でもとても豊かな地域です。今後も、地域全体で安心・安全な地域づくりに励み、農林業に励んでさらに良い地域に発展することを願っています。

そのような未来の地域のためには「宣言」することが大切です。「環境モデル都市」の取り組みに関わることを宣言した弊社も微力ながらも、「世のため、人のため」の理念・方針を今回改訂となるISO 14001:2015版の仕組みの中に託しました。

弊社はあと5年で創業100年を迎えます。地域との関わりをもっと深めて「できることから始めよう」そして「世のため、人のため」に役に立つという精神を軸に、お客様の喜びや満足を「南信州いいむす21」に取り組むことを通して達成していきたいと思っています。

タグ: