『環境研究最前線』の記事一覧

環境研究最前線~つくば・国環研からのレポート第25回 ユスリカと環境問題

2017年04月24日グローバルネット2016年12月号

地球・人間環境フォーラム萩原 富司(はぎわら とみじ) ユスリカといえば、カに似ているが刺さない、田舎に行くと頭上に蚊柱を作ってまとわりついてくる不快な昆虫、幼虫が「アカムシ」として釣りの餌に使われる、そんなイメージしか…[くわしく]

環境研究最前線~つくば・国環研からのレポート第24回 地球環境を測る宇宙の眼”いぶき”

2016年12月15日グローバルネット2016年10月号

地球・人間環境フォーラム織田 伸和(おだのぶかず) 2009年1月、種子島から温室効果ガス観測技術衛星“いぶき”が打ち上げられました。“いぶき”は二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを宇宙から観測することを主目的とする…[くわしく]

環境研究最前線~つくば・国環研からのレポート第23回 海が二酸化炭素を吸収する~海水CO2濃度観測

2016年10月15日グローバルネット2016年8月号

地球・人間環境フォーラム 刈谷 滋 海が二酸化炭素を吸収する――。 このことを皆さんはご存じだろうか。2013年から2014年にかけて発表された、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)では、海…[くわしく]

環境研究最前線~つくば・国環研からのレポート第20回 ヒ素の発がんメカニズムはどこまでわかってきたか?~エピジェネティクスという新しい視点~

2016年05月15日グローバルネット2016年2月号

地球・人間環境フォーラム石本 美和 ヒ素は、地球上に広く存在し、単体や無機ヒ素化合物、有機ヒ素化合物として、地殻や水、食べ物などに含まれています。生体に対する有毒性が高く、微量であっても長期間摂取すると皮膚疾患、皮膚や肺…[くわしく]