7/29(水)開催 教材発行記念セミナー:知る・考える・やってみる!熱帯林とわたしたち

2020年07月08日イベント

地球・人間環境フォーラムもメンバーであるプランテーション・ウォッチと、開発教育協会(DEAR)は、ワークショップ教材『パーム油のはなし2 知る・考える・やってみる!熱帯林とわたしたち』の発売を記念して、セミナー「知る・考える・やってみる!熱帯林とわたしたち」を開催します。

☆教材のご購入はDEAR(開発教育協会)のWEBサイト、教材の関連映像等はプランテーション・ウォッチのWEBサイトをご覧ください。

世界各地の熱帯林を取材し、その危機的状況を記事にしてきた共同通信の井田徹治さんに、ジャーナリストとして伝える側からのアクション、中高生対象のボルネオツアーを毎年開催し、ボルネオの森や生き物に対して何ができるかを考え、行動しようとする学生たちをサポートしている関口伸一さんに教員のアクション、2人の現役大学生から、ボルネオツアーに参加し、その後シンポジウム開催や企業アンケートなどに関わった経験と、気候変動に対して世界的にアクションを広げているフライデーズ・フォー・フューチャー(FFF)の活動についてお話いただきます。

「知ることからはじまるアクション」と、パーム油の問題や世界の森林の保全に市民・消費者が関わる可能性について、皆さんと一緒に考えたいと思います。ぜひご参加ください。

開催日時2020年7月29日(水):19:00~21:00(終了後、希望者のみ懇親会あり)

開催方法:Zoomウェビナー(最大80名)、Youtube(予定) 
※お申込みいただいた方にウェビナー情報等の詳細はお知らせします。

参加費:無料(要申込)

プログラム:(予定・敬称略)

  1. パーム油新教材のご紹介/八木亜紀子
  2. 井田徹治(共同通信編集委員)/ジャーナリストのアクション:どう関わる?世界の熱帯林
  3. 関口伸一(ボルネオ保全学生グループ(SGBC)代表・海城中学高等学校理科教諭)/教員のアクション:ボルネオ学生ツアーからはじめよう!
  4. 黒田峻平(大学生・ボルネオ保全学生グループ(SGBC))、中村涼夏(大学生・フライデーズ・フォー・フューチャー(FFF)鹿児島)/学生のアクション:伝えることからはじめよう!ー私たちのステップ
  5. 全体質疑
  6. まとめ/プランテーション・ウォッチの活動紹介 

申込すでにZOOMのお申し込みは締め切りました。YouTube Liveでの視聴をご希望の方は、件名を「7/29教材セミナー視聴申込」として、event(a)gef.or.jpまで①お名前(よみがな)②ご所属③メールアドレスをお送りください。

主催開発教育協会(DEAR)、地球・人間環境フォーラム、プランテーション・ウォッチ

協力アジア太平洋資料センター(PARC)ボルネオ保全学生グループ(SGBC)ウータン・森と生活を考える会ボルネオ保全トラスト・ジャパン(BCTJ)一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)


申込・お問い合わせ:熱帯林行動ネットワーク(プランテーション・ウォッチ事務局) info(a)jatan.org ((a)を@に置き換えてください)