8/25(火)開催 NSC総会及び定例勉強会サステナブル経営・環境情報開示のあり方~環境報告書・取組の優良事例を聞く~

2020年07月20日イベント

 環境省では昨年、ESG金融の普及・拡大に向け「ESGファイナンス・アワード」を創設し、環境関連の重要な機会とリスクを企業価値向上に向け経営戦略に取り込み、企業価値にも つなげつつ環境への正の効果を生み出している企業を「環境サステナブル企業」として表彰しました。一方、マルチステークホルダー向け環境報告の質の向上を図ることを目的にした環境コミュニケーション大賞も昨年は第23回を迎え、受賞作が決定しました。  そこで本勉強会では、2019年度の環境情報開示の優良事例として、この2つの表彰制度において環境大臣賞を受賞された3社より、その先進的な取組についてご紹介いただき、これからの環境サステナブル経営そしてその情報開示のあり方について議論します。  さらに、環境省で検討されている環境デュー・ディリジェンスに関する手引書について、環境省の担当者より情報提供していただきます。

日時

2020年825日(火)14001600
   ☆なお、13:30よりNSCの総会を開催しますので、NSC会員の皆様はご参加いただきますようお願い致します。

開催方法

Zoomを利用したウェビナーにて開催
   ☆Zoom会議室のミーティングID、PWはお申し込みをいただいた方のみに前日、Eメールにてお送りします。

プログラム及び講師

  • 開会挨拶  
  • コニカミノルタ株式会社(環境コミュニケーション大賞 環境報告大賞)    
           グループ業務執行役員 サステナビリティ統括部長 高橋 壮模氏
  • 株式会社丸井グループ(環境コミュニケーション大賞 気候変動報告大賞)    
           サステナビリティ部サステナビリティ担当/ESG推進部ESG推進担当 小泉 昭夫氏
  • 花王株式会社(ESGファイナンス・アワード「環境サステナブル企業部門」金賞)   
           ESG活動推進部担当部長  柴田 学氏
  • 「環境デュー・ディリジェンスに関する手引書について」    
           環境省 大臣官房環境経済課 課長補佐 菅生 直美氏
  • 質疑応答及びディスカッション
  • 閉会挨拶

参加申し込み

参加ご希望の方は、申込フォーム(推奨) または、e-mail( nsc(a)gef.or.jp )にてお申し込みください。                               ((a)を@に変えてご連絡ください。)

参加費

無料(定員100名)

資料

当日の資料は8/21(金)以降、本ウェブサイトにて公開予定

主催

サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC)

協力

サステナビリティ日本フォーラム、環境経営学会、環境監査研究会