『環境ジャーナリストからのメッセージ』の記事一覧

環境ジャーナリストからのメッセージ~日本環境ジャーナリストの会のページ農水省 GAPのパートナー会でGAPの価値を共有

2017年10月16日グローバルネット2017年10月号

環境ジャーナリストの会準会員田中 孝子(たなか たかこ) 本記事は2018年1月以降にWebへ掲載予定です。 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント/話題と人」「ホットレポート1」「ホットレポート2」「INSID…[くわしく]

環境ジャーナリストからのメッセージ~日本環境ジャーナリストの会のページポートランドを象徴するエコトラストビルとピザ

2017年08月17日グローバルネット2017年8月号

環境ジャーナリストの会準会員腰塚 安菜(こしづか あんな)   記事は2017年11月以降にアップされます。 現時点で当月号で試し読みできる記事は、「フロント」「ホットレポート」「環境条約シリーズ」「環境の本」…[くわしく]

環境ジャーナリストからのメッセージ~日本環境ジャーナリストの会のページ見直される「小農」、地域文化と環境を守る

2017年06月15日グローバルネット2017年6月号

フリーランス岸上 祐子 「小農こそ世界の流れ」をテーマにした「小農学会」のシンポジウムが4月下旬、福岡大学(福岡市)で開催され、私も出席した。小農学会は農民作家・山下惣一氏(80)と元鹿児島大学副学長・萬田正治氏(75)…[くわしく]

環境ジャーナリストからのメッセージ ~日本環境ジャーナリストの会のページリニア中央新幹線の現状と、南アルプスの自然・地域への影響

2017年04月15日グローバルネット2017年4月号

ヤマケイ登山総合研究所所長久保田 賢次 3,000m級の山々が13座も連なる南アルプス。そこにリニア中央新幹線のトンネルが掘られ、工事村も生まれつつあります。自然や地域への影響が懸念されながらも、情報公開や住民への説明が…[くわしく]

環境ジャーナリストからのメッセージ~日本環境ジャーナリストの会のページNPOと記者はどう向き合うべきか、グリーン連合と初の意見交換会

2017年02月15日グローバルネット2017年2月号

フリージャーナリスト 滝川 徹 日本環境ジャーナリストの会は1月24日、環境政策を前進させようとNPO・NGOが結集した「グリーン連合」と初めての意見交換会を行った。環境政策が後退しているとの認識で一致し、今後も相互理解…[くわしく]

日本環境ジャーナリストの会からのメッセージ~日本環境ジャーナリストの会のページ被災直後のエネルギーと食糧

2016年10月16日グローバルネット2016年8月号

芦﨑 治(フリーランス) 人間が生きている限り、エネルギーを使って生存している。しかし、健康な体であればあるほど、自分がどのくらいエネルギーを消費して生きているのか、自覚するのは難しい。 東日本大震災後に、岩手県釜石市と…[くわしく]

環境ジャーナリストからのメッセージ ~日本環境ジャーナリストの会のページ「北の国」で感じる気候変動の現実

2016年06月15日グローバルネット2016年6月号

毎日新聞記者 江口 一 「真夏日5日連続・5月観測史上初」 「サクラ開花 2番目の早さ」 「高温・少雪 3年連続暖冬」 北海道で発行している毎日新聞で最近、報じた「お天気記事」だ。いずれもちょっとした驚きだったが、とくに…[くわしく]

環境ジャーナリストからのメッセージ~日本環境ジャーナリストの会のページ電力自由化スタート、CO2削減・反原発の“一票”を

2016年04月15日グローバルネット2016年4月号

エネルギー業界紙元記者 滝川 徹 電力小売り全面自由化が4月1日に始まり、「お得な料金プラン」「セットで割引」などとCMも多く流れている。家計も大事だが、原発や温暖化問題など日本のエネルギー政策に影響を与えるとの視点から…[くわしく]

12