第22回環境コミュニケーション大賞結果発表

2019年02月08日お知らせ

Environmental Communication Awards 2018
第22回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定しました! 

優れた環境コミュニケーションを表彰する「第22回環境コミュニケーション大賞(環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムの共催)」が今年も行われ、多数の応募者のなかから、受賞作を決定しました。受賞企業には受賞のPRに活用いただけるロゴマークを提供します。

表彰式のためのイベントを、2月20日(水)に品川プリンスホテルにおいて開催します。本イベントには一般の方の参加も可能です。受賞作品の評価ポイントや事業者に求められる情報開示の在り方の講評を行うなど、企業において今後の環境コミュニケーションを推進する上での手がかりを提供する内容になっています。

主 催:環境省、一般財団法人地球・人間環境フォーラム
協 賛:一般社団法人サステナビリティ情報審査協会
協 力:日本公認会計士協会、一般財団法人 持続性推進機構
後 援:全国中小企業団体中央会、日本商工会議所、公益社団法人 経済同友会、一般財団法人 日本経済団体連合会、株式会社 東洋経済新報社、株式会社 日本取引所グループ   

環境コミュニケーション大賞

環境コミュニケーション大賞は、優れた環境報告書や環境経営レポートなどを表彰することにより、事業者などの環境経営および環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度です

受賞作について

今回は、環境報告書部門196点、環境経営レポート部門118点の合わせて314点の応募がありました。厳選なる審査の結果、賞がそれぞれ決定しました。(詳細は添付資料の通り)

[環境報告書部門]

・環境報告大賞(環境大臣賞)
1点
・持続可能性報告大賞(環境大臣賞)
1点
・地球温暖化対策報告大賞(環境大臣賞)
1点
・環境報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)
2点
・持続可能性報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)
2点
・地球温暖化対策報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)
1点
・生物多様性報告特別優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)
1点
・信頼性報告特別優秀賞(サステナビリティ情報審査協会会長賞)
1点
・審査委員会特別優秀賞(第21回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)
3点
・環境配慮促進法特定事業者賞(第21回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)
4点
・優良賞(第22回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)
59点

[環境経営レポート部門]

・大賞(環境大臣賞)
1点
・優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)
4点
・優良賞(第22回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)
22点
・新人賞(第22回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)
2点

表彰式について

◆日時:2019年2月20日(水) 13:30~16:30
◆会場:品川プリンスホテルメインタワー28階「エメラルド28」 (東京都港区高輪4-10-30)

◆プログラム

 ・審査委員長挨拶
    八木 裕之(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)
 ・優良賞 表彰状授与(環境報告書部門・環境経営レポート部門)
 ・講評① 環境経営レポート部門
    奥 真美(環境経営レポート部門選考ワーキンググループ座長/首都大学東京教授)
 ・講評② 環境報告書部門
    後藤 敏彦(環境報告書大賞審査委員・環境報告書部門選考ワーキンググループ座長/環境監査研究会代表幹事)
    村上 智美(環境報告書部門選考ワーキンググループ副座長/みずほ情報総研(株)シニアマネジャー)
 ・優秀賞各賞、大臣賞、表彰状授与(環境報告書部門・環境経営レポート部門)
 ・受賞者代表挨拶
 ・閉会挨拶(環境省)

【その他】
・入賞作品(冊子状の環境報告書、CSRレポート等)は、「地球環境パートナーシッププラザ」(東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学1階)にて閲覧いただけますので、御利用下さい。※2019年3月上旬以降閲覧可能(予定)

参考

 

環境コミュニケーション大賞についての概要ページ