特集/タネの未来と日本の農業を考える~種子に関する法制度と持続可能な種子の管理とは~ヒトとタネの関係が持続するために~種子の権利をめぐる混乱の先にあるもの

2020年05月15日グローバルネット2020年5月号

龍谷大学、コベントリー大学
西川 芳昭(にしかわ よしあき)

4月号(353号)の特集「タネの未来と日本の農業を考える~種子法廃止、種苗法改正を受けて~」に続き、種子をめぐる国際条約などの枠組み、英国等での持続可能な農業と関連した動きと、日本国内で農を支え連綿と続いてきた農村女性による「タネ採り」、熊本県五木村で、多様な品種を育て、調理し食べ続けることで品種ごとの特性を守り伝えてきた営みについて、研究者および現地で自ら携わってきた方々に紹介いただきます。

  • 本記事は2020年8月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「ホットレポート」、「USA発」、「NSCニュース」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: