特集/今、スポーツに求められること~持続可能性の観点から~オリンピック・ムーブメント史の立場からみるスポーツの持続可能性・これまでとこれから

2022年04月15日グローバルネット2022年4月号

公益財団法人 日本スポーツ協会 スポーツ科学研究室 研究員
石塚 創也(いしづか そうや)

 東京2020大会は2021年7-8月、コロナ禍で無観客となったものの、国内外から数万人の選手や関係者が集まり開催されました。オリンピック・パラリンピックというメガスポーツイベントにおける持続可能性の取り組みの中で、何が達成され、何が達成されなかったのでしょうか。そして、その経験は日本のスポーツ界、ひいては今後の持続可能な社会づくりに向けて、どのようなレガシーを残したのでしょうか。
 今回の特集では、東京2020大会での取り組みを振り返り、今後の日本のスポーツ界にどのようなバトンが渡されたのか。さらに、スポーツの垣根を越えた、企業などとの連携によって、持続可能な社会づくりや、地域振興、環境・社会問題の解決にどう貢献していけるのかを考えます。

 

  • 本記事は2022年7月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「ホットレポート」、「フォーラム随想」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: