特集鼎談 ストックホルム会議から50年~国内外の環境政策は進展したのか?~

2022年09月15日グローバルネット2022年9月号

京都大学名誉教授
松下 和夫(まつした かずお)さん

地球環境戦略研究機関(IGES)サステイナビリティ統合センター プログラムディレクター
藤野 純一(ふじの じゅんいち)さん

一般社団法人SWiTCH 代表理事
佐座 槙苗(さざ まな)さん

 昨年2021 年は、公害の防止を目的に、日本で環境庁が設置されてから50 年目を迎えた年でした。一方、今年6 月2―3 日には、1972 年に環境問題に関する世界で初めての政府間会合「国連人間環境会議」がスウェーデンのストックホルムで開催されてから50 周年を記念し、「ストックホルム+50」が開催され、「気候変動」「生物多様性」「プラスチックや化学物質による汚染」の地球規模の危機に対する多国間主義の重要性を提唱し、各国代表が現在、そして今後の取り組みについて議論を交わしました。
 そこで9 月号では、1972 年の会議当時から日本の環境政策に官僚として関わり、その後研究者としてさまざまな提言を行ってきた松下和夫さん、ストックホルム+50 に研究者として参加した藤野純一さん、若者代表として参加した佐座槙苗さんに、77 回目の終戦の日である8 月15 日に、これまでの50 年を振り返り、今後の行動について語っていただき、その内容を紹介します。

 

  • 本記事は2022年12月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「ホットレポート」、「フォーラム随想」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: