IPCCシンポジウム/気候講演会 「気候変動を知る~最新報告書が示すこれまでとこれから~」の開催

2021年10月29日イベント

 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)から気候変動に関する最新の知見を取りまとめた、第6次評価報告書の第1作業部会(WG1)報告書(自然科学的根拠)が2021年8月に公表されました。この後も、2022年にかけて第2作業部会報告書(影響、適応、脆弱性)、第3作業部会報告書(緩和策)及び統合報告書が公表される予定です。

 IPCCシンポジウム/気候講演会「気候変動を知る~最新報告書が示すこれまでとこれから~」をオンラインで開催します。IPCCから公表された最新の報告書の内容や、日本の気候変動に関する最新の知見を紹介します。

シンポジウム概要

【日時】2021年 10月 29日(金)~2023年3月末(予定)講演動画配信
    2021年 11月 22日(月)10時30分~最長12時00分まで 座談会  ※終了しました

【開催方式】オンライン(参加費無料、事前登録不要)
【主催】環境省、文部科学省、気象庁
【後援】(一財)日本気象協会、(一財)気象業務支援センター、地球ウォッチャーズ-気象友の会-

ご挨拶

● 大岡敏孝環境副大臣からのご挨拶

プログラム(敬称略)

● 特別録画講演   

  ヴァレリー・マッソン=デルモット(IPCC第1作業部会共同議長)※日本語字幕入り

● 動画『IPCC AR6 WG1における地域の記述と「日本の気候変動2020」』   

高薮 出(WG1第10章執筆者、気象庁気象研究所 主任研究官)、今田 由紀子(気象庁気象研究所  主任研究官)、川瀬 宏明(気象庁気象研究所 主任研究官)  

「日本の気候変動2020」を中心に、日本国内に焦点を当てた気候変動に関する解説動画

「日本の気候変動2020」はこちらから入手できます。
IPCC 第6次評価報告書 第1作業部会報告書 政策決定者向け要約(SPM)和訳はこちらから入手できます。

● 講演 

 ●『IPCCの概要、今期の活動及び今後』       発表資料(PDF)
  田辺 清人(IPCCインベントリータスクフォース 共同議長)

  ダイジェスト版はこちら 

   ●『気候変動への人為的影響』           発表資料(PDF)
  小坂 優(WG1第3章執筆者、東京大学先端科学技術研究センター 准教授)

  ダイジェスト版はこちら 

 ●『二酸化炭素排出・温暖化と海の変化』      発表資料(PDF)  
  石井 雅男(WG1第5章執筆者、気象庁気象研究所 研究総務官)

  ダイジェスト版はこちら

 ●『変化する気候における極端気象・気候』     発表資料(PDF)  
  佐藤 正樹(WG1第11章執筆者、東京大学大気海洋研究所 教授)

  ダイジェスト版はこちら

 ●国立環境研究所動画チャンネルより:【速報版】IPCC執筆者が独自解説!「気候変動 国連最新レポート」

  江守 正多(WG1第1章執筆者、国立環境研究所地球システム領域副領域長)

  国立環境研究所動画チャンネルをご参照ください。

● 座談会
11月22日(月)10時30分~最長12時00分まで  ※終了しました

下記の6人による座談会をライブ配信します。録画講演に関して集まった主な質問に回答いただくほか、執筆者の視点から今回の報告書のポイントや作成にまつわる話などを語っていただきます。

 ・田辺 清人   (IPCCインベントリータスクフォース 共同議長)
   ・江守 正多   (WG1第1章執筆者、国立環境研究所地球システム領域副領域長)
 ・小坂 優      (WG1第3章執筆者、東京大学先端科学技術研究センター 准教授)
 ・石井 雅男   (WG1第5章執筆者、気象庁気象研究所 研究総務官)
   ・高薮 出      (WG1第10章執筆者、気象庁気象研究所 主任研究官)
 ・佐藤 正樹   (WG1第11章執筆者、東京大学大気海洋研究所 教授)

    

 

● 感想受付

録画講演を視聴いただき、ご感想やコメントのある方はフォームよりご連絡ください。

 

お問合せ

〈シンポジウム事務局〉地球・人間環境フォーラム
TEL:03-5825-9735 / FAX:03-5825-9737 / E-mail:climate@gef.or.jp

環境省関連リンク集