5/16 国際セミナー「森林バイオマスと気候変動の真実―木質バイオマスは温暖化 防止に貢献するか?」

2019年04月26日イベント

再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)により、木質ペレットなどバイオマス
燃料を使った発電所の建設が各地で進み、日本の木材自給率を少しずつ押し上げています。一方で輸入木材を使用した発電所も多く、特に大規模なものは輸入燃料に依存しているのが現状です。木材は二酸化炭素を吸収して成長するため「カーボンニュートラル」とされていますが、過去に蓄積した炭素は木材の燃焼で放出され、伐採地に森林が回復する数十年以上の長期間かけて炭素が吸収されることになります。IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)の報告書では天然林の保護は気候変動の抑制上急務であるとしています。
気候変動対策として、森林からのバイオマスをエネルギー利用することは、本当に効果的で持続可能と言えるのでしょうか。オーストラリアと米国から専門家を招き、世界の動向と共に日本のFIT制度における木質バイオマス燃料の持続可能性について、改めて考えます。ぜひご参加ください。
 
【開催概要】
日時:2019年5月16日(木)13:30~16:00(会場:13:00)
場所:連合会館402会議室(メトロ新御茶ノ水駅B3出口すぐ)
アクセス:https://rengokaikan.jp/access/
 
【プログラム】(逐次通訳あり)
講演1:ペグ・パット氏/Environmental Paper Network
  森林バイオマスの燃料利用をめぐる世界の動向
講演2:ピーター・リッグス氏/Pivot Point
  森林バイオマス生産の現状とその影響―アメリカ西海岸の事例から
講演3:泊みゆき氏/バイオマス産業社会ネットワーク理事長
  木質バイオマスエネルギーの持続可能性とFIT
 
【参加費】無料
 
【お申込み】以下のフォームよりお申込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/84e77e4d618967
フォーム記入ができない場合、「5/16森林バイオマス国際セミナー申込」と件名に明記の上、1)お名前2)ふりがな3)ご所属(組織名及び部署名等)4)Eメールアドレスを、メールにてevent(a)gef.or.jp((a)を@に変える)まで送付ください。
※定員60名
【主催】一般財団法人地球・人間環境フォーラム、バイオマス産業社会ネットワーク
 
【お問合せ】                                                                                                                                  
地球・人間環境フォーラム(担当:飯沼)
event(a)gef.or.jp ((a)を@に変える)
TEL:03-5825-9735
Photo by Dogwood Alliance