グローバルネット2017年3月号の記事一覧

世界のこんなところで頑張っている ~公益信託地球環境日本基金が応援する環境団体第20回(最終回)/世界遺産の棚田を崩壊から守る植林事業

2017年03月15日グローバルネット2017年3月号

特定非営利活動法人NEKKO 冨田 一也(とみた かずや) 本事業の現場があるイフガオ州は、フィリピンのルソン島北部に位置し、イフガオ族が州人口の大部分を占めています。わずかな低地を除けば、面積のほとんどが海抜700~1…[くわしく]

21世紀の新環境政策論 ~人間と地球のための持続可能な経済とは第20回/エネルギーの使い方はどのように変わっていくべきか

2017年03月15日グローバルネット2017年3月号

千葉大学教授倉阪 秀史(くらさか ひでふみ) これからの回では、経済社会の持続可能性を確保するためにエネルギー、ものづくり、まちづくりがそれぞれどのように変わっていくべきか、経済運営はどのように変わっていくべきかについて…[くわしく]

USA発 サステナブル社会への道 ~NYからみたアメリカ最新事情第10回/アメリカで多発する水をめぐる争い

2017年03月15日グローバルネット2017年3月号

FBCサステナブルソリューションズ代表田中 めぐみ(たなか めぐみ) 近年、全米各地で異常気象の頻度と規模が増しており、深刻な干ばつ被害が増えている。記録史上最悪とされる過去数年にわたるカリフォルニアの干ばつは、今冬の厳…[くわしく]

日本の未来に魚はあるか?~持続可能な水産資源管理に向けて第4回 サバをめぐる光と影ノルウェーと日本のサバは、なぜこんなにも違うのか?

2017年03月15日グローバルネット2017年3月号

漁業ジャーナリスト片野 歩(かたの あゆむ) ノルウェーサバと日本の国産サバの違い 脂の乗りと味の違い 食卓だけでなく、お弁当のおかずや、定食でもすっかり定番のノルウェーサバ。どれも脂が乗っています。一方で、国産サバは、…[くわしく]

2020東京大会とサステナビリティ ~ロンドン、リオを超えて第2回 SUSPONシンポジウム2017報告
スポーツを通じた持続可能な社会づくりへの挑戦~2020年オリンピック・パラリンピックを越えて~

2017年03月15日グローバルネット2017年3月号

当財団が事務局となり、東京2020大会の持続可能性に関心を持つNGO/NPOが立ち上げた「持続可能なスポーツイベントを実現するNGO/NPOネットワーク=SUSPON(サスポン)」が、2月16日にシンポジウム「スポーツを…[くわしく]

12