特集/シンポジウム報告「気候変動影響研究と対策の最前線」

2019年07月16日グローバルネット2019年7月号

芝浦工業大学教授
平林 由希子 (ひらばやし ゆきこ)さん

日本における気候変動対策の状況は、ここ数年で大きく変わってきており、現在、気候変動対策における緩和策と適応策は車の両輪と捉えることの必要性が求められています。環境省が、研究テーマを提示し、産学民間の研究者から提案を募って実施する研究資金「環境研究総合推進費」で研究が進められているプロジェクト「気候変動の緩和策と適応策の統合的戦略研究(S-14)」(代表者:沖 大幹 東京大学生産技術研究所教授)は、2015 年度から始まり、今年で5 年目を迎えました。本特集では、5月8日に京都市内で開催されたシンポジウムで発表された同プロジェクトの研究に関する最新報告を紹介します(2019年5月8日、京都市内にて)。

 

  • 本記事は2019年10月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」「ホットレポート」「USA発」「環境条約シリーズ」「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: