国際セミナー「森林バイオマスの持続可能性を問う〜輸入木質燃料とFIT制度への提言」森林ベースのバイオエネルギーは気候変動の解決策ではない~カナダなどから調達するリスク

2020年02月17日グローバルネット2020年2月号

Stand earth 森林プログラムディレクター
タイソン・ミラー

再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)の導入により、木質ペレットなどを使ったバイオマス発電事業がここ数年の間で急激に増えましたが、その多くは海外で生産された輸入燃料に頼っています。木材を使った発電は、「炭素中立(カーボンニュートラル)」とされていますが、原料や燃料加工、輸送段階における温室効果ガスの排出を無視することはできず、生産段階での森林・生態系や地域社会への影響も考慮しなければなりません。果たして、輸入森林バイオマスを利用した発電は持続可能といえるのか。
 本特集では、2019年12月4日に東京都内で開催されたセミナーでの国内外の専門家による講演の概要を紹介し、目指すべきバイオマス発電について考えます。

 

  • 本記事は2020年5月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」「ホットレポート」、「環境ジャーナリストの会」、「財団だより」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: