特集/環境負荷の少ない飲料容器とは?ペットボトル飲料と水の域産域消をめぐる国内外の動向

2020年03月16日グローバルネット2020年3月号

水Do!ネットワーク事務局長 
瀬口 亮子(せぐち りょうこ)

海のプラスチックごみ汚染が深刻化し、使い捨てプラスチックに対する議論が高まっています。2019年3月のグリーン購入法の基本方針が改定され、省庁の会議運営でペットボトルなどの使い捨てプラスチック製容器を使用しないことが明記されました。自動販売機で販売する飲料をペットボトルから缶に切り替える企業も出てきており、「脱プラスチック飲料容器」の動きは官民で広がっています。しかし一方で、プラスチック代替素材の使用は環境破壊につながるかもしれないと警鐘を鳴らす報告もあります。本特集では、ライフサイクル全体で飲料容器の環境負荷を減らす最善の方法について考えます。

  • 本記事は2020年6月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」「USA発」「NSCニュース」「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: