特集 タネの未来と日本の農業を考える~種子法廃止・種苗法改正案を受けて~種子と農民の権利を守るために~種子法廃止をめぐる動きから考える

2020年04月15日グローバルネット2020年4月号

国際農業開発学博士
大川 雅央(おおかわ まさお)

 近年日本では、種子法の廃止、種苗法改正、遺伝子組み換え、ゲノム編集など、タネ(遺伝子資源)と農業をめぐる法的な動きが急速に進みつつあります。これらは私たちの食生活と日本の農業の在り方、さらには日本の環境や生物多様性保全にも大きな影響を与える可能性があります。しかし、それらの情報は消費者・市民には届きにくく、消費者側の関心も低い現状があります。
 本特集では、持続可能な農業とタネ、それを取り巻くさまざまな人、組織、国などの取り組み、その現状と課題について、多様な立場から論じていただきます。

  • 本記事は2020年7月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「ホットレポート」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: