特集/コロナ禍から見えてきた環境破壊の罪①~感染症と自然環境との関係とは~ポスト・コロナの思想~新しいエコロジーに向けて

2020年06月15日グローバルネット2020年6月号

京都大学人文科学研究所 准教授

藤原 辰史(ふじはら たつし)

 新型コロナウイルスの感染拡大が世界的に広がり、グローバル化された世界の社会・経済は大きな打撃を受け、その脆弱性が浮き彫りになっています。ウイルス発生の背景には、人類が自然を無視し、経済活動を進めてきたことによる生態系の破壊がある、とする声もあり、人間の社会が自然環境と密接に関わっていることを改めて認識する必要があるといえるでしょう。
 今月号と来月号の2号にわたり、未知のウイルスと闘い克服し、強靭で持続可能な「コロナ後の社会」をどのように築いていくべきか、考えます。まず本特集では、文明社会と感染症の関係と歴史、そして自然環境の変化が人間の健康に与える影響について確認し、人間は自然環境といかに関わっていくかについて論じていただきます。

 

  • 本記事は2020年9月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: