特集/セミナー報告 Refill JapanオンラインカフェVol.2 脱プラ、脱使い捨ての行方(1) ~地球が求める方向性、コロナ禍でベクトルは変わるのか?~ライフサイクル思考で見る使い捨てプラスチック問題

2020年09月15日グローバルネット2020年9月号

東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻
中谷 隼(なかたに じゅん)

 ここ数年、多くの国でレジ袋の規制や有料化、使い捨てプラスチックの使用規制が法制化されるなど、使い捨てから持続可能な資源利用を進める方向に転換しつつありました。
 しかし、新型コロナウイルスのパンデミックにより、飲食店でのテイクアウト販売や食品の個別包装など、さまざまな場面で使い捨て用品の利用が急増し、脱使い捨ての社会とは逆行する状況にあります。
 本特集では、6 月24 日に開催されたオンラインセミナー「Refill Japan オンラインカフェ Vol.2『脱プラ、脱使い捨ての行方(1) ~地球が求める方向性、コロナ禍でベクトルは変わるのか?』」(主催:水Do! ネットワーク)における3 人の登壇者の発表と議論の内容を紹介します。

 

 

  • 本記事は2020年12月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「USA発」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: