特集/イベント報告 Refill Japan オンラインカフェ Vol.3「脱プラ、脱使い捨ての行方(2) ~ウィズコロナ時代の脱プラ・脱使い捨てのアクション~」消費と生産のトランジションへ

2020年10月15日グローバルネット2020年10月号

(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)
持続可能な消費と生産領域 ディレクター/上席研究員
堀田 康彦(ほった やすひこ)さん

新型コロナウイルスのパンデミックにより、使い捨て容器や製品の増加、回帰の傾向が見られます。こうした状況の中で、7月1日に日本でもレジ袋の有料化がスタートし、ウィズコロナの時代に「脱使い捨て」社会実現に向けた自治体や企業の取り組みが進んでいます。  本特集では、8月7日に開催されたオンラインセミナー「Refill Japan オンラインカフェvol.3『脱プラ・脱使い捨ての行方(2)~ウィズコロナ時代の脱プラ・脱使い捨てアクション』」(主催:水Do! ネットワーク)における5人の発表と議論の内容を紹介します(2020年8月7日、オンラインにて)。

 

  • 本記事は2021年1月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「フォーラム随想」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: