環境の本●ツルツル世界とザラザラ世界 世界二制度のすすめ~いまの社会が窮屈なあなたへ
●DRAWDOWNドローダウン~地球温暖化を逆転させる100の方法

2021年02月15日グローバルネット2021年2月号

ツルツル世界とザラザラ世界 世界二制度のすすめ
~いまの社会が窮屈なあなたへ

著●加藤 秀樹

著者は旧大蔵省のキャリア官僚だったが、1997年に退官し、政策提言を行うシンクタンク、一般社団法人構想日本を設立。今では組織改革の手法の一つとしてすっかり定着した事業仕分けを全国で展開。政治や地域づくりを「自分ごと」として取り組む手法や考え方を発信してきた。

本書は20年余にわたって書きためてきた、筆者が大風呂敷と表している論考を、コロナ後の世界を展望するかたちでまとめたもの。経済のグローバル化の中で、世界の姿が「生き物としての人間が中心ではなくなっている」と見抜き、世界、国、人間をテーマにツルツル、ザラザラというユニークな表現で、新たな「しくみ」を提言している。妄想どころかリアリティのある警鐘を鳴らしている。(Amazon、Kindleでのみ購入可、2,530円)

 

 

 


 

DRAWDOWNドローダウン
~地球温暖化を逆転させる100の方法

編著●ポール・ホーケン
監訳●江守 正多、訳●東出 顕子

環境ビジネスの起業、経済開発や環境政策などの提言も行ってきた著者は2014年、地球温暖化を逆転させる方法を調査する非営利団体Project Drawdownを設立。本書は世界22ヵ国の190人の研究と評価・検証を経て、「温室効果ガスがピークに達し、年々減少しはじめる」ドローダウンの実現に向け、「地球温暖化を逆転させる最も確実な100の解決策」が紹介されている。

「どんな背景や考え方の人でも理解できる本」を目指し「私たちに何ができるか」に焦点を当てた1冊。(山と溪谷社、2,800円+税)

タグ: