特集/未来の在るべきエネルギーの姿とは②~持続可能な地域社会のためのエネルギー~エネルギーの地産地消による地方創生

2021年02月15日グローバルネット2021年2月号

ローカルエナジー株式会社 専務取締役
森 真樹(もり まさき)

 昨年10月、菅首相は所信表明演説において2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言しました。そのためには、大規模集中型の原子力発電や石炭火力発電から持続可能な地域分散型の再生可能エネルギーに移行することが求められます。  先月号で日本のエネルギー政策の現状と、今後の計画見直しに向けた課題についてご紹介しましたが、今月号では2050年の脱炭素社会の実現に向けて、想定できる地域の姿やすでに進められているエネルギーの地産地消の取り組み、それを阻む政策を変えようとする市民の動きなどについてご紹介し、未来の在るべきエネルギーの姿について考えます。

 

 

  • 本記事は2021年5月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「GNスクエア」、「フォーラム随想」、「環境ジャーナリストの会のページ」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: