特集/セミナー報告 使い捨てプラスチックの削減とバイオマスの持続可能な利用世界初「木のストロー」開発から生まれたもの

2021年05月17日グローバルネット2021年5月号

株式会社アキュラホーム 広報課
西口 彩乃(にしぐち あやの)さん

 最近、使い捨てプラスチックを生物由来の資源を用いた、紙、木材、バイオマスプラスチックなどのバイオマス素材に切り替える動きが広まってきました。それに伴い、使用後の循環的利用(リユース・リサイクル)や原料採取時の持続可能性への配慮も必要となっています。
 本特集では、東京都環境局が昨年12月18日に企業担当者などを対象に開催したオンライン・セミナー「使い捨てプラスチックの削減とバイオマスの持続可能な利用」での講演内容をまとめ、バイオマス素材を使った製品やシステムの開発など、企業ですでに進められている事例を紹介します。

 

 

  • 本記事は2021年8月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「フォーラム随想」、「NSCニュース」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: