特集/変えていく観光のかたち ~今ある地域資源を生かして~村や沿線を“まるごと”ホテルに見立て、地域を面的に資源化する

2022年02月15日グローバルネット2022年2月号

株式会社さとゆめ 代表取締役
嶋田 俊平(しまだ しゅんぺい)

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、遠方ではなく近隣の観光地に出掛ける「マイクロツーリズム」という考えが注目され、行き先や目的、手段など「観光のかたち」を変えている人も増えています。
 2015年に採択された持続可能な開発目標(SDGs)について、国連世界観光機関(UNWTO)が「観光には、直接的または間接的にすべての目標に貢献する潜在力がある」と記しているように(『観光と持続可能な開発目標 ー2030年への道程』)、地域振興や環境保全、地域固有の文化・風土の維持など、さまざまな分野の地域課題の解決のためには、観光のかたちを変化させていくことが求められます。
 本特集では、今ある地域資源を生かして地域課題を解決するための取り組みや研究を進めている方々に執筆いただき、今後の持続可能な観光地域づくりについて考えます。

  • 本記事は2022年5月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「ホットレポート」、「フォーラム随想」、「環境ジャーナリストからのメッセージ」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: