特集/国境を越えた自然保護~世界の平和構築を目指して外交触媒としての生物多様性保全ODA

2022年12月15日グローバルネット2022年12月号

国際協力機構(JICA)国際協力専門員
長谷川 基裕(はせがわ もとひろ)

 世界各地で今、領土や希少な自然資源を巡って紛争が続いています。自然災害と異なり、戦争は人類が引き起こす悲劇であり、平和の鍵を握るのもまた人類です。例えば、南米のエクアドルとペルーは、長年にわたり「コンドル山脈」の領有を巡って領土紛争を繰り返しましたが、1998年に紛争地域を両国の自然保護区に指定することで合意しました。自然保護をてことして領土問題を解決した人類史上、初めての事例です。
 紛争とは無縁と思われがちな日本も、隣国との領土問題を抱えています。一朝一夕の解決が難しい問題ですが、自然保護を巡るさまざまな国際協調が「予防的平和」に貢献している事例は多数存在します。今回の特集では「国境を越えた自然保護」をテーマに、環境の視点から、平和を実現するためのアイデアや事例を共有します。

 

  • 本記事は2023年3月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「ホットレポート」、「フォーラム随想」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: