特集/脱炭素社会の実現に向けた社会づくりとは~「1.5度特別報告書」を受けて考える~和風スマートシティの実現を目指して

2018年12月17日グローバルネット2018年12月号

国立環境研究所地球環境研究センター(気候変動リスク評価研究室)主席研究員
山形 与志樹(やまがたよしき)

  • 本記事は2019年3月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」「特集(”脱炭素社会の実現に向けて”のみ公開)」「ホットレポート」「INSIDE China」「財団だより」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: