忘れられた地下水問題~持続可能な地下水の保全と利用に向けたガバナンスとは~主婦が守った地下水を令和時代へ

2019年11月15日グローバルネット2019年11月号

大野の水環境ネットワーク、大野市議会議長
梅林 厚子(うめばやし あつこ)さん

 日本には地下水管理のための総合的な国の法律がなく、その保全・管理は地方自治体に任されてきました。地下水が空気と同様に資源として位置付けられていなかったためで、わが国の地下水政策は大変遅れています。
 その現状と課題、そして国内の地下水保全の先進事例を紹介し、持続可能な地下水の保全と利用に向けたガバナンスの構築について考えます。

 

  • 本記事は2020年2月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」「ホットレポート」「USA発」「財団だより」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: