特集/未来の在るべきエネルギーの姿とは①~日本の脱炭素実現のための提言~再生可能エネルギーの主力化に向けて ~日本における意義と課題

2021年01月15日グローバルネット2021年1月号

東京大学 未来ビジョン研究センター 教授
高村  ゆかり(たかむら ゆかり)

 昨年(2020年)10月、経済産業省の総合資源エネルギー調査会基本政策分科会で、国のエネルギー政策の基本的な方向性を示す「エネルギー基本計画」の見直しに向けた議論が開始されました。東京電力福島第一原子力発電所の事故から今年で10年。原子力を廃止し安全を最優先としたエネルギー政策を進め、真の脱炭素化社会を目指すためには、いかにエネルギー転換を進め、どのようなエネルギーミックスの姿を示す必要があるのでしょうか。  今月号では、これまでの日本のエネルギー政策を振り返り、今後の脱炭素実現のための提言をご紹介いただきます。

 

  • 本記事は2021年4月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「フォーラム随想」、「NSCニュース」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: