シンポジウム報告 日本環境ジャーナリストの会(JFEJ)オンライン国際シンポジウム カーボンニュートラル実現のラスト10年 ~循環型社会を目指す日中韓の現場から
〈日本・福岡県みやま市〉
生ごみから循環型農業へ ~ゼロ・ウエイストを目指して~

2021年11月15日グローバルネット2021年11月号

フリーランス 岸上 祐子(きしかみ ゆうこ)さん
毎日新聞 江口 一(えぐち はじめ)さん
朝日新聞 石井 徹(いしい とおる)さん

 国際社会は、21世紀半ばの温室効果ガスの排出ネットゼロに向けて動き出し、日本、中国、韓国の3ヵ国も、具体的な目標を提示して取り組みを急いでいます。しかし、気候変動のスピードはますます加速しており、今後10年に抜本的な行動変革を起こさなければ手遅れになるといえます。
 本特集では、日本環境ジャーナリストの会(JFEJ)が、関西・大阪21 世紀協会の支援を受け、「ネットゼロ」、「地域循環」、「低炭素農業」をキーワードに、日中韓3ヵ国の記者による取材を進め、10月30日に開催した国際シンポジウム「カーボンニュートラル実現のラスト10年~循環型社会を目指す日中韓の現場から~」でも報告された現場情報を紹介します(2021年10月30日、オンラインにて)。

 

  • 本記事は2022年2月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「ホットレポート」、「フォーラム随想」、「NSCニュース」、「財団だより」となっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ:,