特集 シンポジウム報告/Refill Japanシンポジウム もっとリフィルを!さらなる脱使い捨て社会へ!〈基調報告〉Refill Japanの3年間と新たな展開

2022年05月17日グローバルネット2022年5月号

水Do!ネットワーク事務局長
瀬口 亮子(せぐち りょうこ)さん

 全国に給水(リフィル)スポットを増やし、環境負荷の低減と魅力的なまちづくりを推進するプラットフォーム「Refill Japan」が2019 年5 月に発足してから3年。今では「給水スポット」という言葉が多くの企業や自治体でも使われるようになり、これを生かしたまちづくりを実践する地域も増えてきています。
 本特集では、Refill Japan が今年3 月18 日に開催したシンポジウム「もっとリフィルを! さらなる脱使い捨て社会へ!」での、基調講演・報告そしてパネルディスカッションの概要を紹介します。

 

  • 本記事は2022年8月以降にWebへ掲載予定です。
  • 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「ホットレポート」、「フォーラム随想」、「NSCニュース」、「環境の本」のみとなっています。
  • 公開までお待ちいただくか、冊子版のご購入についてご検討ください。

タグ: