グローバルネット2018年8月号の記事一覧

環境の本・地元経済を創りなおす―分析・診断・対策
・小さな地球の大きな世界 プラネタリー・バウンダリーと持続可能な開発

2018年08月20日グローバルネット2018年8月号

地元経済を創りなおす―分析・診断・対策 著●枝廣 淳子 書の帯に「何事も地元から いま2050年の日本の姿が決まる」と著者の熱い思いがつづられている。複雑な環境問題にシステム思考を取り入れ、解決の道筋を提示してきた著者が…[くわしく]

INSIDE CHINA 現地滞在レポート~内側から見た中国最新環境事情 第49回 青空保護勝利戦 3年行動計画

2018年08月20日グローバルネット2018年8月号

地球環境研究戦略機関(IGES)北京事務所長 小柳 秀明(こやなぎ ひであき) 大気汚染防止行動計画の成果 話は5年前にさかのぼる。2013年1月、年明けとともに深刻な大気汚染が中国全土を襲った。ちょうどこの年の1月から…[くわしく]

日本の沿岸を歩く―海幸と人と環境と 第17回日本一の遠洋漁業基地の繁栄と歴史―静岡県・焼津

2018年08月20日グローバルネット2018年8月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ) キーワード: マグロ カツオ 小泉八雲 第五福竜丸 静岡県の焼津は遠洋マグロ、カツオの漁業基地として知られ、水揚げ金額日本一を誇る漁港だ。カツオの水揚げ量は実に国内の7割を…[くわしく]

つなげよう支えよう森里川海―持続可能な新しい国づくりを目指す 第14回肥前鹿島干潟循環の仕組み作り~宝の海有明海の再生を目指して

2018年08月20日グローバルネット2018年8月号

鹿島市 ラムサール条約推進室 主査 江島 美央(えじま みお) 佐賀県鹿島市は、佐賀県の西南部に位置し、東には有明海が広がり、西は多良岳山系に囲まれ、森里川海干潟が一帯となった自然環境に恵まれた所です。その中でも、有明海…[くわしく]

食卓からみる世界-変わる環境と暮らし第7回 トウモロコシが彩るアンデスの食文化~エクアドル・アンデスの食の変遷

2018年08月20日グローバルネット2018年8月号

ナマケモノ倶楽部 和田 彩子(わだ あやこ) 南米エクアドルは、日本の4分の3ほどの小さな面積にもかかわらず、世界の中でも高い多様性を誇ります。6,000m級のアンデス山脈が連なる山岳地方、アマゾン川の源流があるアマゾン…[くわしく]

GNスクエア
 生涯を貫いたパブリックサーバント精神
 地球・人間環境フォーラム・岡崎 洋 会長の逝去に寄せて
行くに こみち に由らず 岡﨑 洋氏を おく

2018年08月20日グローバルネット2018年8月号

作家 坂上 吾郎(さかがみ ごろう) 生涯を貫いたパブリックサーバント精神 ~地球・人間環境フォーラム 岡﨑洋会長の逝去に寄せて~ 地球・人間環境フォーラムの創設者である岡﨑 洋 会長は、去る2018年3月31日に逝去い…[くわしく]

GNスクエア
 生涯を貫いたパブリックサーバント精神
 地球・人間環境フォーラム・岡崎 洋 会長の逝去に寄せて
パブリックサーバント

2018年08月20日グローバルネット2018年8月号

元神奈川新聞社取締役編集局長(当時県政キャップ) 大胡 文夫(おおご ふみお) 地球・人間環境フォーラムの創設者である岡﨑 洋 会長は、去る2018年3月31日に逝去いたしました。大蔵省、環境庁、神奈川県知事の時代にゆか…[くわしく]

12