グローバルネット2020年8月号の記事一覧

環境の本・カウントダウン 世界の水が消える時代へ
・ゴミ清掃員の日常 ミライ編

2020年08月18日グローバルネット2020年8月号

カウントダウン 世界の水が消える時代へ 著●レスター・R・ブラウン 監訳●枝廣淳子 『プランB』『地球白書』で知られる著者が水問題に切り込んだ。日本に住む私たちは世界から食料として輸入することで飲み水の500倍の量に当た…[くわしく]

環境ジャーナリストの会のページ激甚災害から命を守るために必要なパラダイムシフトはどのように起こるのか

2020年08月18日グローバルネット2020年8月号

日本環境ジャーナリストの会準会員 堀田 真弓(ほった まゆみ) 新型コロナウイルスの感染拡大により、日本環境ジャーナリストの会(JFEJ)の勉強会は、5月に引き続き6月と7月もオンラインで開催された。平日の夜でも自宅から…[くわしく]

INSIDE CHINA 現地滞在レポート~内側から見た中国最新環境事情第61回 第2回 全国汚染源全面調査結果

2020年08月18日グローバルネット2020年8月号

地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所長 小柳 秀明(こやなぎ ひであき) 中国環境統計の変遷 私が中国の環境問題と関わり始めた1990年代後半頃は、環境関係のモニタリングデータや各種統計はまだお世辞にも十分に整備さ…[くわしく]

日本の沿岸を歩く―海幸と人と環境と第41回 北前船で栄えた港町 瀬戸の美味なタコが自慢 ―岡山・下津井

2020年08月18日グローバルネット2020年8月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ) 前月号掲載の取材地、日生から西に向かった。目指すは倉敷市の南端にある港町の下津井。下津井瀬戸大橋(下津井と香川県坂出市櫃石島間、全長1,447m)とも呼ばれる瀬戸大橋の下を…[くわしく]

拡大鏡~「持続可能」を求めて第12回 SDGs目標10が実現する日~コロナ禍続く世界から考える~

2020年08月18日グローバルネット2020年8月号

ジャーナリスト 河野 博子(こうの ひろこ) 新型コロナウイルスの蔓延が続いている。日本では緊急事態宣言が解除された5月下旬には収束の兆しが見えたが、7月に再び感染が拡大。がっかりである。そして、パンデミックの中で明らか…[くわしく]

過去から未来へー命をつなぐタネと農第4回 ローカルフードの挑戦~食を軸としたグリーンリカバリーを~

2020年08月18日グローバルネット2020年8月号

アグロエコロジー研究家 印鑰 智哉(いんやく ともや) 農家が種子を守る担い手であり続けた長い時代が過ぎて近代に入ると、国や地方自治体がその中心を担うようになる(本誌2020年6月号松平尚也氏の記事参照)。そして、近年、…[くわしく]

12