『持続可能な社会づくりの模索』の記事一覧

持続可能な社会づくりの模索~スウェーデンで考えること第8回  多様に広がる町の緑~自然との共生型社会への第一歩

2022年09月15日グローバルネット2022年9月号

ルンド大学 国際環境産業経済研究所 准教授、教育部長 東條 なお子(とうじょう なおこ) 本記事は2022年12月以降にWebへ掲載予定です。 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「フォーラム随想」、「NS…[くわしく]

持続可能な社会づくりの模索 ~スウェーデンで考えること第7回  持続可能性のための教育現場で~取捨選択、パラダイムシフトの難しさ

2022年07月15日グローバルネット2022年7月号

ルンド大学 国際環境産業経済研究所 准教授、教育部長 東條 なお子(とうじょう なおこ)   本記事は2022年10月以降にWebへ掲載予定です。 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「ホットレポ…[くわしく]

持続可能な社会づくりの模索 ~スウェーデンで考えること第6回 岐路に立つ拡大生産者責任法~発生抑制や資源循環にどこまで役に立てるのか

2022年05月17日グローバルネット2022年5月号

ルンド大学 国際環境産業経済研究所 准教授 東條 なお子(とうじょう なおこ)   拡大生産者責任(Extended Producer Responsibility:EPR)は、廃棄物処理・資源循環促進政策を支…[くわしく]

持続可能な社会づくりの模索 ~スウェーデンで考えること第5回 いつ医者に診てもらえれば大丈夫なのか~スウェーデンの医療事情に思うこと

2022年03月15日グローバルネット2022年3月号

ルンド大学 国際環境産業経済研究所 准教授 東條 なお子(とうじょう なおこ) スウェーデンでは、病気になってもちょっとやそっとでは医者に診てもらえない――「福祉国家」として知られるこの国だが実際生活すると直面する現実で…[くわしく]

持続可能な社会づくりの模索 ~スウェーデンで考えること第4回 直して使う文化は戻ってくるのか~修理・修繕の復興に向けての試行錯誤

2022年01月17日グローバルネット2022年1月号

ルンド大学 国際環境産業経済研究所 准教授 東條 なお子(とうじょう なおこ) 質の良い物を作り、壊れても代替品を買わずに直して長く大切に使うことは、大量生産・大量消費・大量廃棄社会から脱却し、人一人当たりの資源使用を抑…[くわしく]

持続可能な社会づくりの模索 ~スウェーデンで考えること第3回 質の高いサービスか、ワーク・ライフ・バランスか ~持続可能な労働環境を考える

2021年11月15日グローバルネット2021年11月号

ルンド大学 国際環境産業経済研究所 准教授 東條 なお子(とうじょう なおこ)   労働者が無理なく勤労を続けられる生活環境ー持続可能な労働環境ーは、持続可能な社会の根幹の一つといえる。今回は、利便性や質の高い…[くわしく]

持続可能な社会づくりの模索 ~スウェーデンで考えること第2回 プラスチック容器包装~真剣味を増してきた3Rへの取り組み

2021年09月15日グローバルネット2021年9月号

ルンド大学 国際環境産業経済研究所 准教授 東條 なお子(とうじょう なおこ) 今回は、本誌『グローバルネット』でも何度も取り上げられているプラスチック(以下、プラ)の容器包装や使い捨てプラの使用削減・再使用について、欧…[くわしく]

持続可能な社会づくりの模索 ~スウェーデンで考えること第1回 アパレル産業の資源循環 ~本腰の入ってきた政策と業界の取り組み

2021年07月15日グローバルネット2021年7月号

ルンド大学 国際環境産業経済研究所 准教授 東條 なお子(とうじょう なおこ) 本号より、持続可能な社会づくりの模索をテーマに、隔月で執筆する機会をいただいた。筆者は1998年よりスウェーデン南部のルンド市に在住し、大学…[くわしく]