『21世紀の新環境政策論』の記事一覧

21世紀の新環境政策論~人間と地球のための持続可能な経済とは第34回 田中正造と環境経済学

2019年03月15日グローバルネット2019年3月号

武蔵野大学教授、元環境省職員一方井 誠治(いっかたい せいじ) 本記事は2019年6月以降にWebへ掲載予定です。 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「NSCニュース」、「環境の本」のみとなっています。 …[くわしく]

21世紀の新環境政策論~人間と地球のための持続可能な経済とは第33回 Society 5.0は脱炭素社会に寄与できるか

2019年01月18日グローバルネット2019年1月号

京都大学名誉教授松下 和夫(まつした かずお) 本記事は2019年4月以降にWebへ掲載予定です。 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」「特集(”富山県の稲作における温暖化対策”のみ公開)」「日本の未来に魚は…[くわしく]

21世紀の新環境政策論~人間と地球のための持続可能な経済とは第32回 エネルギー自給率100%ワークショップ

2018年11月16日グローバルネット2018年11月号

千葉大学教授 倉阪 秀史(くらさかひでふみ) 地域の環境資源を地域で活用する 2018年4月に閣議決定された第5次環境基本計画においては、「地域循環共生圏」の形成というキーワードが強調されています。これは、2014年の中…[くわしく]

21世紀の新環境政策論~人間と地球のための持続可能な経済とは第31回 改めて「持続可能性とは何か」を考える

2018年09月18日グローバルネット2018年9月号

武蔵野大学教授 一方井 誠治(いっかたい せいじ) 「環境保全」から「持続可能性」へ 1975年に筆者が当時の環境庁に入り、環境行政に参加し始めたころは、「持続可能性」や「持続可能な発展」という言葉はまったく使われていま…[くわしく]

21世紀の新環境政策論~人間と地球のための持続可能な経済とは第30回 コミュニティ・パワーが拓く地域の活性化

2018年07月13日グローバルネット2018年7月号

京都大学 名誉教授 松下 和夫(まつした かずお) 去る6月4日から8日まで、マニラのアジア開発銀行(ADB)本部で「アジア・クリーンエネルギー・フォーラム2018」が開催された。筆者はアジア開発銀行研究所(ADBI)の…[くわしく]

21世紀の新環境政策論~人間と地球のための持続可能な経済とは第29回 環境資源の活用による地域の発展と「永続地帯」研究

2018年05月15日グローバルネット2018年5月号

千葉大学 教授 倉阪 秀史(くらさか ひでふみ) 再生可能エネルギーの地域自給率を把握する 倉阪研究室と認定NPO法人環境エネルギー政策研究所の共同研究である「永続地帯」研究では、市町村別に再生可能エネルギーの供給量を把…[くわしく]

21世紀の新環境政策論~人間と地球のための持続可能な経済とは第28回 ケイト・ラワースの「ドーナツ経済学」-21世紀の経済学者らしく考える7つの方法-

2018年03月30日グローバルネット2018年3月号

武蔵野大学教授、元環境省職員一方井 誠治(いっかたい せいじ) 「経済学」への真正面からの挑戦 世の中に「○○の経済学」と題された本は、数多く出版されています。その多くは、社会経済におけるある事象を取り上げ、それを経済学…[くわしく]

21世紀の新環境政策論~人間と地球のための持続可能な経済とは第27回 石炭からの撤退を先導する英国の気候変動政策

2018年01月16日グローバルネット2018年1月号

京都大学名誉教授松下 和夫(まつした かずお) はじめに 昨年11 月に開催されたCOP23(気候変動枠組条約第23 回締約会議)は、パリ協定の実施指針作りに向け、着実な成果を上げたと評価されている。ただしその実施に向け…[くわしく]

21世紀の新環境政策論~人間と地球のための持続可能な経済とは第26回 人口減少下の地域の持続可能性を可視化する「未来カルテ」

2017年11月15日グローバルネット2017年11月号

千葉大学教授 倉阪 秀史(くらさか ひでふみ) 人口減少下の持続可能性の課題 2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」で採択された持続可能な開発目標(SDGs)は、持続可能な開発の達成のために2030年までに世界共…[くわしく]

21世紀の新環境政策論 ~人間と地球のための持続可能な経済とは 第25回/環境問題の本質とは

2017年09月19日グローバルネット2017年9月号

武蔵野大学教授、元環境省職員一方井 誠治(いっかたい せいじ) 環境システム学入門講義での問い掛け 筆者が勤務している大学では、学部の環境システム学科に入学した新入生に対して、毎年「環境システム学入門」という科目が開講さ…[くわしく]

123