『特集』の記事一覧

特集/シンポジウム報告「気候変動影響研究と対策の最前線」世界の温室効果ガス、どこまで減らせばよいのか?

2019年07月16日グローバルネット2019年7月号

国立環境研究所 副センター長 肱岡 靖明(ひじおか やすあき)さん 日本における気候変動対策の状況は、ここ数年で大きく変わってきており、現在、気候変動対策における緩和策と適応策は車の両輪と捉えることの必要性が求められてい…[くわしく]

特集/シンポジウム報告「気候変動影響研究と対策の最前線」暑くなる地球と都市、どう適応するか?

2019年07月16日グローバルネット2019年7月号

東京工業大学 教授 神田 学 (かんだ まなぶ)さん 日本における気候変動対策の状況は、ここ数年で大きく変わってきており、現在、気候変動対策における緩和策と適応策は車の両輪と捉えることの必要性が求められています。環境省が…[くわしく]

特集/シンポジウム報告「気候変動影響研究と対策の最前線」気候変動対策と自然保護は両立するか?

2019年07月16日グローバルネット2019年7月号

横浜国立大学 教授 松田 裕之(まつだ ひろゆき)さん 日本における気候変動対策の状況は、ここ数年で大きく変わってきており、現在、気候変動対策における緩和策と適応策は車の両輪と捉えることの必要性が求められています。環境省…[くわしく]

特集/シンポジウム報告「気候変動影響研究と対策の最前線」世界全体では気候変動対策にいくらかかるのか?

2019年07月16日グローバルネット2019年7月号

芝浦工業大学教授 平林 由希子 (ひらばやし ゆきこ)さん 日本における気候変動対策の状況は、ここ数年で大きく変わってきており、現在、気候変動対策における緩和策と適応策は車の両輪と捉えることの必要性が求められています。環…[くわしく]

特集/シンポジウム報告「気候変動影響研究と対策の最前線」IPCC第2作業部会での緩和・適応のトレードオフに関する考え方 ~政策決定者はどのように理解してきたか?

2019年07月16日グローバルネット2019年7月号

アルフレート・ヴェーゲナー研究所教授 IPCC第2作業部会共同議長 ハンス・ポートナーさん 日本における気候変動対策の状況は、ここ数年で大きく変わってきており、現在、気候変動対策における緩和策と適応策は車の両輪と捉えるこ…[くわしく]

特集/水Do!フォーラム2019 脱プラスチック、そしてその先へ事例報告

2019年06月14日グローバルネット2019年6月号

 海ごみ問題の深刻化などの影響から、「脱使い捨てプラスチック」への関心がますます高まっています。素材の転換やさらなるリサイクルの推進などの対策はもちろんのことですが、そもそも使い捨て容器・製品の使用を回避するという基本的…[くわしく]

特集/水Do!フォーラム2019 脱プラスチック、そしてその先へ英国の使い捨てプラスチック削減とRefillキャンペーン

2019年06月14日グローバルネット2019年6月号

City to Sea「Refill」プロジェクトマネージャー ガス・ホイトさん  海ごみ問題の深刻化などの影響から、「脱使い捨てプラスチック」への関心がますます高まっています。素材の転換やさらなるリサイクルの推進などの…[くわしく]

特集/水Do!フォーラム2019 脱プラスチック、そしてその先へ持続可能な消費と生産~地球をシェアするためのルール~

2019年06月14日グローバルネット2019年6月号

東京都市大学名誉教授、一般社団法人エシカル推進協議会会長 中原 秀樹(なかはら ひでき)さん  海ごみ問題の深刻化などの影響から、「脱使い捨てプラスチック」への関心がますます高まっています。素材の転換やさらなるリサイクル…[くわしく]

特集/世界は森林減少を止められるか?-持続可能な森林利用への道地上に残された貴重な森「ルーセル・エコシステム」が破壊の危機に

2019年05月15日グローバルネット2019年5月号

環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN) 日本代表 川上 豊幸(かわかみ とよゆき) 世界の森林減少のスピードは一時期より緩やかになっているといわれるものの、減少は続き、累積で見ると膨大な面積の森林…[くわしく]

特集/世界は森林減少を止められるか?-持続可能な森林利用への道CDPフォレストレポート2018

2019年05月15日グローバルネット2019年5月号

CDPジャパン シニアマネージャー 山口 健一郎(やまぐち けんいちろう) 世界の森林減少のスピードは一時期より緩やかになっているといわれるものの、減少は続き、累積で見ると膨大な面積の森林がこの数十年に失われています。持…[くわしく]