『USA発サステナブル社会への道』の記事一覧

USA発サステナブル社会への道―NYから見たアメリカ最新事情第25回 新型コロナウィルスによる米環境対策への影響

2020年05月15日グローバルネット2020年5月号

FBCサステナブルソリューションズ代表 田中 めぐみ 新型コロナウイルスにより、米国社会は大きく変わった。4月半ば時点で感染者数は60万以上、死者数は3万近くに達している。3月半ば、連邦政府は全国民に外出自粛を要請し、4…[くわしく]

USA発サステナブル社会への道―NYから見たアメリカ最新事情第24回 米州や自治体のプラスチック規制

2020年03月16日グローバルネット2020年3月号

FBCサステナブルソリューションズ代表田中 めぐみ 軽く強く安価なプラスチックは容器包装に最適な素材として広く利用されているが、生分解に時間がかかるうえ、リユースやリサイクル市場が確立していない。そのため、近年廃プラスチ…[くわしく]

USA発サステナブル社会への道―NYから見たアメリカ最新事情第23回 米排ガス・燃費規制をめぐる騒動

2020年01月15日グローバルネット2020年1月号

FBCサステナブルソリューションズ代表田中 めぐみ(たなか めぐみ) 米連邦政府は昨年、自動車の排ガス・燃費基準の大幅な緩和策を発表した。これにより温室効果ガス(GHG)排出削減率が大きく減退することが予想され、厳しい排…[くわしく]

USA発サステナブル社会への道―NYから見たアメリカ最新事情第22回 米自治体の気候変動政策

2019年11月15日グローバルネット2019年11月号

FBCサステナブルソリューションズ代表 田中 めぐみ(たなか めぐみ) 一部の政治家が気候変動を政と捉えているアメリカでは、国家としての気候変動政策は消極的で他国に遅れを取っているが、自治体にとって気候変動は深刻な現実問…[くわしく]

USA発サステナブル社会への道―NYから見たアメリカ最新事情第21回 米国の州や自治体の気候変動対策

2019年09月17日グローバルネット2019年9月号

FBCサステナブルソリューションズ代表 田中 めぐみ(たなか めぐみ) 米国では、気候変動対策に消極的な連邦政府を尻目に、昨年から今年にかけて多くの州が野心的な気候変動対策法案を可決している。 これまでのところ、温室効果…[くわしく]

USA発サステナブル社会への道―NYから見たアメリカ最新事情第20回 気候変動が米国の国家安全保障問題に

2019年07月16日グローバルネット2019年7月号

FBCサステナブルソリューションズ代表 田中 めぐみ(たなか めぐみ) 世界各国が国を挙げて気候変動対策を進める中、米国では、大統領や共和党議員が化石燃料業界への配慮からいまだに気候変動を認めておらず、連邦政府主導の対策…[くわしく]

USA発サステナブル社会への道―NYから見たアメリカ最新事情第17回 米環境保護庁新体制下の環境政策

2018年09月18日グローバルネット2018年9月号

FBCサステナブルソリューションズ代表田中 めぐみ 7月上旬、スコット・プルーイット環境保護庁(EPA)長官が退任した。同氏は産業界とのつながりが強く、前職のオクラホマ州司法長官時代から環境規制緩和を求めて度々EPAを起…[くわしく]

USA発サステナブル社会への道―NYから見たアメリカ最新事情第16回 アメリカ水道水の安全性

2018年07月13日グローバルネット2018年7月号

FBCサステナブルソリューションズ代表田中 めぐみ アメリカは世界一のGDPを誇る国でありながら、安全な水道水を利用できない国民が数千万人もいる。環境保護庁(EPA)は、水道水の汚染物質混入基準を規定する「飲料水安全法」…[くわしく]

123